<   2005年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧
406 飼い主Aの会社のデスク
a0013245_2253440.jpg我らが飼い主たち、「忙しい病」が再発したらしい。ちっとも我々の相手をしてくれない。
昨日なんかAのご帰還は朝方4時だったらしいよ。なんでもタクシーに乗ってはるばる都心の会社からヘロヘロになって帰って来たんだってさ、私は気がつかなかったけどね(白河夜船状態だったもんね)。
それに比べてちゃっぴーは律儀!どんな時間でもお出迎えは欠かさないんだよね。それだけは脱帽だ。

一日の大半を過ごしている会社ってどんなとこかと思えば、パソコンの上はこんな感じらしい。ホントに仕事してるんだろか…(-_-#)
[PR]
by amariccha | 2005-04-27 22:45 | おやつブレイク
405 平和ないつもの一日
a0013245_234207.jpg
やっぱりウチはいいねぇ、思いっきりのんびりできるから。ひがな一日今日もこうしてぐだぐだして過ごしちゃったなぁ。心の平和っていいよね。
a0013245_23483169.jpg
そうそうウチだといつでも好きな時オモチャで遊べるしね。サイコーだよね。

a0013245_2342135.jpg
そういえば今日は深夜になって雷鳴がとどろき渡った。ウチの中なら雷だってちっとも怖くない。たぶんちゃっぴーにとっては電車の中の音の方がよっぽど怖いんじゃないかと思うよ。もちろん私もだけどね。
[PR]
by amariccha | 2005-04-18 23:54 | あばうとUS
404 はじめての電車とキャリーバック
a0013245_23101075.jpg
今日は鎌倉市は大船の「ペットサロンフジイ」にトリミングに。行きは飼い主Bの運転するマイカーで、帰りはAとCのでこぼこコンビと電車で。
それでなくてもトリミングは緊張して疲れるのに、慣れないキャリーバックに閉じこめられての移動はパニくるものだ。今日はかなり疲れた一日だった。

トリミング後、ちゃっぴーは布製のリュックタイプのキャリーに、私まりりんは新しく購入したトートバックタイプのキャリーに分乗。やっとトリミング屋さんのケージから解放されたと思ったらまたしても狭い所に閉じこめられ、わかっていたものの閉口した。ついつい私まりりんも袋の中でちょいと暴れてみたよ、ムダだったけどね。

さて、お待ちかねのちゃっぴー初キャリー&電車体験レポート!
JRと私鉄とで正味25分くらいのものだが、飼い主たちが座ってそのヒザの上にキャリーごと乗せられると、ちゃっぴーはサイドの編み目から見える飼い主に向かってず~っとキュンキュン泣いては「こんなのイヤだ」と猛抗議をし続けた。飼い主は途中から席を立ってちゃっぴーの気をそらす作戦に出てたっけ。
JRでは中学生とおぼしき女の子3人組がめざとくちゃっぴーを見つけてキャリーを覗いてた。私鉄では小学生3人とお母さんのグループの隣になって色々質問攻撃に遭っていた。周りを気にしながら乗る電車、飼い主たちにとってもかなり疲れた一日だったみたいだね。

駅から家までの自分の足での帰路は非常に気持ちがよかった。底抜けの開放感だからね。そうこうして家に帰ってしばらく横になった後、少し元気になるとさきほどの新しい方のキャリーに入ってみる。
2匹だからか、家の中だからか、キャリーも全然イヤじゃない。おかしなもんだね。
[PR]
by amariccha | 2005-04-17 23:37 | あばうとUS
403 トリミングデーの予行演習
a0013245_23431422.jpg
結構毛が伸びたし春だし、久々に明日はトリミングへ。ところが明日は足がない。往復を電車で移動することになりそうだ。
私まりりんは電車に乗った経験があるけど、ちゃっぴーは初めての経験。だからキャリーバックで移動するのも初めてだ(ウッシッシ:笑)。果たしてちゃっぴーは電車の中で大人しくしていられるか?
a0013245_23432280.jpg
私の場合どこでもリラックス。だから何だか久々のキャリーバックも電車も楽しみだ。ちゃっぴーの様子はまたじっくり報告するね。
[PR]
by amariccha | 2005-04-16 23:50 | あばうとUS
402 プロの技 ギリシャの猫篇 (5)
a0013245_0245233.jpg
「プロの技」オーラスはこちら。
まるで日本猫。いつもの公園の猫といってもいいぐらいの親しみやすい顔。
大きな瞳を見開いてレンズをじっと見つめてる。意外と初めて見るカメラマンを興味深げに観察してたりして…。対峙しているところを見たかったな。

以上でギリシャ猫&犬のご紹介はおしまい。ご堪能いただけたかしら…

飼い主Aのおねだりを快く聞いてくれ秘蔵の作品を提供してくださったカメラマンのT兄さん、我々からも心から御礼申し上げますm(_ _)m。
今度我々まりっちゃを被写体にどうですかぁ?写真集なんかいいっすねぇ(by 身のほど知らずのまりっちゃ)
[PR]
by amariccha | 2005-04-16 00:56 | 猫トモ
401 プロの技 ギリシャの猫篇 (4)
a0013245_0121374.jpg
白い岩肌をバックに、まるで畳の上にいるようなくつろいだ姿。もしかして、そこがあなたの住処なの?
a0013245_0122271.jpg
その下はもしかしたら断崖絶壁?だとしても高所恐怖症の犬とは違って、きっと平気なんね。自然ととけ込んでいる感じで、ちょっと野性を感じるね。
[PR]
by amariccha | 2005-04-16 00:24 | 猫トモ
400 プロの技 ギリシャの犬篇 (3)
a0013245_1144893.jpg
なぜか海が似合うギリシャのワンコたち。
こちらは前両足に上手に顎をのせてお昼寝タイム。全くもって平和だねぇ。
[PR]
by amariccha | 2005-04-15 01:20 | 犬トモ
399 プロの技 ギリシャの猫篇 (3)
a0013245_121223.jpg
今日のギリシャ猫のテーマは“門”といったところかな。
こんなに青い色した柵はギリシャならでは…といったところか。この界隈ではまず見ないね。柵と猫の色のコントラストが絶妙!
a0013245_122595.jpg
こちらは元は緑色だったと思われる木戸の前で美しくポーズをとるギリシャ猫。揃った前足はしなやかだが、目がものを言ってる感じがする。

いずれも、やはり絵になるね。
[PR]
by amariccha | 2005-04-15 01:12 | 猫トモ
398 プロの技 ギリシャの犬篇 (2)
a0013245_23374112.jpg
浜辺でまったり中のギリシャのワンコ。目もとろんとして気持ちが良さそう。

a0013245_23441429.jpgワンコの向こうにうっすら見えるのは、きっとエーゲ海だね。“これぞエーゲ海!”という雰囲気出てるもん。写真で見たことがあるし、まず間違いないね。
こんな素敵な海なら、私だって「マリリンに逢いたい」のワンコのように泳げるかも!

何を隠そう、私まりりん…実はカナヅチだ。白状すると、犬かきもできない。
思い起こせば子供の頃、我々の足洗い場(飼い主たちのお風呂)で、浴槽にダイブしておぼれそうになったことがあったなぁ~。蓋がしてあると思って飛び乗ったんだっけ…。
それに、宮城の親戚(ポチ)の家に連れて行ってもらった時にちょっと流れの急な用水路を飛び越えようとジャンプした時、対岸まで届かずに用水路に落ちて30メートル程流されたこともあったなぁ~。たぶんイメトレが足りなかったんだよね。
そんなトラウマも、エーゲ海だったら平気だったりしないかなぁ。
[PR]
by amariccha | 2005-04-14 00:03 | 犬トモ
397 プロの技 ギリシャの猫篇 (2)
a0013245_23282779.jpg
ギリシャの猫篇の第2弾。第1弾に頂いたコメントにもあるように、ギリシャは被写体にちょうどよいニャンコが多いらしいね。
いずれも日本の野良ちゃんに特有な敏捷さとか狡猾さとか、微塵も感じられないように見えるのは我々まりっちゃだけかしら…。

こちらの黒猫をご覧下され。ウチの飼い主Aによれば、黒い動物ってなかなか上手に撮れないらしい。けど、そこはさすがはプロ!被毛の輝きとか柔らかさがよく出ていて、触りたくなっちゃうね。

※ カメラマンさんの相棒(妻)が旅日記をアップしました。
   この写真はこちらから頂いたんです。
   このねゃんこをもっと、という方はこちら
[PR]
by amariccha | 2005-04-13 23:36 | 猫トモ