<   2004年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
301 大晦日、大掃除の飼い主たちの横で…
a0013245_002914.jpg
いよいよ2004年も今日でおしまいだ。普段忙しぶってさっぱり真剣に掃除をしてなかった飼い主ABも交えて飼い主たちは掃除に大忙しだ。朝からやっているのにまだ終わらない。レコード大賞も終わり、紅白も中盤にさしかかっているというのに…。
我々といえば、掃除機の音が大嫌いだし、そばに行くと邪魔にされるので、しかたなくコタツでまったりしている。
a0013245_072100.gif
いい加減早く終わらないかな~。こたつももう飽きたしね…。私まりりんはさっきからあくびの連続だ。ちゃっぴーはまったりしすぎて眠くなってきているみたいだし…。
そうはいっても我々の寝床もきれいになって結構嬉しい。ちゃっぴーなんかはハウスを新調してもらったしね(もともと私のお下がりだったからこれでおあいこかな)。

さ~て、おウチがきれいになったところで、ご挨拶させていただくね。皆様、来年もいい年になりますように。犬トモ&猫トモさんたち、その飼い主さんたち、このブログ共々まりっちゃをよろしくね。
[PR]
by amariccha | 2004-12-31 23:56 | あばうとUS
300 まりっちゃ、やっとGETしたお洋服の巻!
a0013245_1112332.gif一昨日の横浜は初雪だった。昨日はよいお天気だったけど今日はまた雪になると言う。そんなワケで昨日飼い主Aがやっと洋服を買ってくれた。
a0013245_1113725.gifおそらくは、昨日出かけた元町で出逢ったワンコたちが皆ステキな服を着ていたことが刺激になったんだと思う。たまには我々を置いて出かけるのも悪くないね。

まりっちゃの服を買ってくれたペットショップでは、時々ワンコが放されて店内を所狭しと走り回っている。運動不足の解消と人に馴らすためらしいね。
a0013245_0541446.jpg
今日のワンコは「フレンチブルドッグ」。3ヶ月半。♀。名前はまだない。私まりりんの半分くらいの大きさらしいが、顔にかなり迫力があって存在感はどでかい。
Aは、やっぱりボストンテリアとフレンチブルドッグの見分けがつかなかいと言う。お店の人に聞くと、フレンチブルドッグの方が足が短いらしいけど、次に正解を出せる自信は全くないとAは言う。

ジンベイ、オビィ、そしてタビ。 ←こちらが以前Aが間違えた「ボストンテリアだらけ」さんちのボストンテリア君たちです。ボストンテリア君たちの方が顔が整っているかな?

[PR]
by amariccha | 2004-12-31 01:27 | 犬トモ
299 横浜元町のワンコ
a0013245_0264648.jpg
今日ウチの飼い主Aは「どんべい」の飼い主とともに横浜元町に出かけた。どんべいの飼い主の誕生日を祝うためだ。
久しぶりの元町、おしゃれな店の立ち並ぶ通りをブラブラと歩いていく。気になる店にはフラッと入り、だらだらウィンドウショッピング。で結局のところ、Aはいつものノリで、ワンコに関するものをまた“衝動買い”をしてしまう始末。それがこれ↑ 12匹のワンコが楽器をもって演奏しているかわいい置物だ。12体で1050円。そういえば、衝動買いしごろの値段だよね。

a0013245_0342466.jpg横浜元町の通りは、気のせいかワンコ連れの人が目についたと言う。たった1時間の間に、コーギー2匹、パグ2匹、ブルドッグ1匹、Mダックスフンド4匹、柴犬1匹、秋田犬1匹…等々。実に色々なワンコに出逢ったみたいだ。まるでいつもの公園と錯覚するほどだったらしいね。

そのうちの秋田犬には特にご執心で、飼い主さんにお願いして写真をとらせてもらったようだ。なんでも、Aは我々まりっちゃの前に秋田犬(さくら)を飼っていたらしく、それを思い出したからみたいだ。
こちらのワンコ、名前は「ゴッホ」、♀、14才。大人しそうだけどさすが秋田犬、近寄ってこようとする他のワンコを寄せ付けない雰囲気を持っている。Aに替わってデジカメを構えた「どんべい」の飼い主も、心なしかいつものカメラの腕が発揮出来なかったし…。
[PR]
by amariccha | 2004-12-31 00:49 | 犬トモ
298 どんちゃん、退院おめでとう!
a0013245_18163796.gif
飼い主Aの友達の愛犬「どんべい」が久々に登場だ。実はこの「どん」ちゃん、この1ヶ月ばかり入院しており、本日めでたく退院できたのだ。
まだまだ養生が必要みたいだけど、おウチで家族と一緒にお正月を迎えられることになったワケで、友人一家は大喜びだ。もちろん「どん」ちゃんも相当嬉しいに違いない。
右上の写真は久々におウチに戻ってみてなんだか気恥ずかしそうにしている「どんべい」だとか…。
a0013245_18215955.gif
昨年の写真と比べると色白になってしまった「どん」ちゃん…。白髪が増えてしまったんだね。誰だって入退院などの慣れないことが続くと、精神的にまいっちゃうもんね。早く元気になって被毛の色が戻りますように!
[PR]
by amariccha | 2004-12-30 18:26 | 犬トモ
297 ウチの階段 ~まりっちゃの場合~
階段から動けない。←“Kimi's Eye”さんちのモモちゃんの場合。
a0013245_22303625.jpg
私まりりんも小さい頃はそうだった。一段が身の丈ほどもある家の階段は~降りるのは(ブルブル…)もちろん上るのさえできない~そんな存在だ。

だけと、そんな私も若かりし頃には、上に行きたいばかりに弾みをつけて下から3段目くらい一気に駆け上ったことがあったように思う。だけど、第2コーナーの段まで行くとたちまち怖くなり身体が固まってしまったように記憶している。こんなことがこれまで4~5回あったが、今ではそんなチャレンジすらしなくなっている。
専ら飼い主を呼びつけるのだ。滅多に吠えない私だから2~3回も吠えれば、誰かしら来てくれる。で、階段の下から上へあるいは上から下へと連れてってくれるのだ。それが今の私にとっての階段だ。
a0013245_2243444.gif
一方、ちゃっぴーの場合はどうかというと、私まりりんよりも足は短いのに胴が長い。しかも、脚力があるため、階段は“お茶の子サイサイ/朝飯前/超得意”なのだ。むかつく(-_-)。
飼い主が上り下り始めた後からついて行っては、途中の第3コーナーあたりで抜かすのだ。まるで一瞬芸のようで、上~下まで約5秒くらいのものだと思う。すんごいよね。
このことは、私にとってかなり面白くないことの1つだ。けど上っている最中のちゃっぴーの顔をみると、やはり怖いらしく顔が真剣で緊張のためにひきつっている。結構笑えるから、まあ許すかなぁ。
[PR]
by amariccha | 2004-12-28 23:02 | あばうとUS
296 カメラ目線ならぬ、チョコ目線!
a0013245_2494535.jpg
真夜中にチョコレートケーキなんてヤバいんじゃない…という飼い主AとC。なのに1/8にカットしてちゃっかり食べ始めている。
そうなると鼻ピクピクになるのが我々まりっちゃだ。近寄れるだけ近寄って状況を見つめる。チョコだから決してもらえないことはわかっているが…。
a0013245_249197.jpg
カメラが嫌いなちゃっぴーが珍しくカメラ目線…と思いきや、何とのことはない目がチョコレートに釘付けになっていただけ。言わば“チョコ目線”だね。

なぜチョコはワンコにとっていけない食べ物なんだろうね?理由がわかれは納得もできるんだけど、今のところわかったようなわからないような…なんだよね。
今日ばかりは、ぴょっとしたらあのケーキのスポンジ部分くらいはもらえないかなぁ…と微かな望みとともに見つめるも、結局は徒労に終わった。
ま、最後にジャーキーをもらえたからまだいいかッ。
[PR]
by amariccha | 2004-12-25 02:57 | あばうとUS
295 ウチにもイブがやってきた!
a0013245_24138.jpg今日は12/24で、世に言うクリスマスイブだ。
しかし深夜0時を回ろうとしているのにウチの飼い主ABはまだ帰ってこない。またまた仕事で終電のようだ。ABにとってクリスマスは例年クルシミマスなんだよね。

また一方の飼い主Cはイブとは無縁の豚汁を作って“そろそろかしら…”と言っては温め直している。
やっぱ今年もウチにはイブは来ないのか…と思っていたら、意外にもクリスマスケーキとシャンパンだけは手配されていた。どんなの風の吹き回し???

何とケーキは、飼い主Aが勤める会社の元同僚の実家ルールモントのもの。元同僚は洋菓子作りの家業を継ぐためにこの8月に会社を辞めたのだ(エライねぇ)。ということで、この度初トライと相成った。
a0013245_229733.jpg
ルールモントのHPによると、このクリスマスケーキ・ショコラはベルギー産のチョコレートをたっぷり使用した贅沢なチョコレートケーキで、“薫り豊かなブランデーに漬け込んだオレンジ・アップルなどをサンド→じっくりと寝かせることで旨味を増したフルーツがチョコレートのほろ苦さと調和して絶妙な美味しさを醸し出します”とか書いてある。

我々まりっちゃはのぞき込んだだけで味見はできなかったけど、確かにいい香りだった。飼い主たちの表情をみるとマジに美味しかったみたいだね。きっと来年も頼むにちがいないよん。
[PR]
by amariccha | 2004-12-25 02:47 | あばうとUS
294 イブイブにご馳走!赤魚の粕漬け
a0013245_0495479.gif12月の後半ともなると、キリスト教徒ではないウチでも何だか浮かれた気持ちになってくる。

いつもよりご馳走のおこぼれがもらえるかもしれないからだ(これはスーパーの策略かもしれないね!普段なら買わないものもクリスマスセールでど~んとディスプレイされて目に付きやすいからね)。

さてさて、今日の飼い主Bの酒の肴は何だろう。

二人してじ~っとチェック。
まばたき無しの4つの瞳に見つめられて、Bが赤魚の粕漬け(焼き物)を食し始める。
必ず「この辺なら骨なし、味なし、オッケー」という部位は出てくる。そして、きっと我々に供されるハズ…!
そのためにはチャンスを一瞬も逃してはならない。Bの箸の上げ下ろしを凝視するのみだ。

やったー。やっぱりもらえたね。
まずは、私まりりんからご相伴にあずかる。その時のちゃっぴーはこちらを決して向かない。次のチャンスのためにアピールするためだ。
次はちゃっぴー。その時の私は先ほどの味をかみしめている。ちゃっぴーのもらった赤魚の大きさはさり気なくチェックするけどね。
↑これは我々の一挙一動を克明に記録したものである。少しずつ見つめる先が違っているのがおわかりになりますか。
[PR]
by amariccha | 2004-12-24 01:11 | あばうとUS
293 「ジョン」の曲 → まりっちゃ“ペロ”対決
a0013245_23261647.jpg「ジョンの純な恋物語」のCDをエンドレス再生にして、仕事に飽きると画像の整理をし始めたウチの飼い主A。
もうさすがに毎回涙は流さないけど、やはりかなり気に入っている様子。我々にもワンコへの癒し効果がある波長のピアノ演奏曲(ヒーリング for DOGS バーション)を聴かせてくれたり…。癒しの曲を聴いてるのに何だか結局は忙しそう。

さっきからAは画像整理中にみつけた初夏の写真を改めて見てニンマリしている。どうやらその写真が「ジョンの純な恋物語」の最初フレーズ(幼いジョンと飼い主の女の子の幼い頃の様子)とオーバーラップしたらしい。
ジョンも女の子も幼い頃は原っぱでこんな感じで走り回ったのではないか…と感じてしまったらしいのだ。すごい想像力だよね。

気にとめた写真はこれ。「我々まりっちゃの舌の長さがこんなに違う」という視点の方が、自分たちとしては面白いと思うけど…。どうだろか。
a0013245_23251832.jpg
a0013245_23253042.jpg

[PR]
by amariccha | 2004-12-22 23:30 | あばうとUS
292 ビーグル犬「たろう」君から教えてもらった曲
a0013245_2242524.jpg
昨日、我々まりっちゃの犬トモ、ビーグル犬の「たろう」君(の飼い主さん)からあるプレゼントを頂いた。それは「ジョンの純な恋物語」というマキシシングルCDだった。
同封のタブロイド紙『ワンちゃんパラダイス:どっぐにゅーす』にはCDについての記事もあって、“ことばを超えた恋のうた。いぬを愛するあなたに…”とある。そして“音楽で涙したこと、ありますか?”とも。
早速聴いてみるウチの飼い主A。まさか…とか言っていたくせに、じ~んとしながら何回もこの曲の再生ボタンを押していた。特に最後のフレーズがたまらないみたいだ。

ジョンという犬が、姉弟(兄妹?)のように育ってきてお嫁に行ってしまった飼い主の女の子に思いを馳ながら~♪やっと君のもとへ行ける。目には見えないチカラで空から守ってあげる♪~と言って天国に旅立っていくところを歌ったフレーズ、ここがAのハートに深く響いたようだ。
たろう君(&飼い主さん)、いい曲教えてくれてありがとうね。謹んでご紹介させて頂くね。

追記
こちらの「一意専心」さんにもあるように、ワンコ好きの間ですごくはやっているらしいね。良かったらこちらのサイトも覗いてみてね。
[PR]
by amariccha | 2004-12-21 02:30 | ご紹介