<   2004年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
241 雨上がりの公園で(4)
a0013245_224597.jpg
雨上がりのせいか、今日は久々のワンコに色々出会えた。こちらもその1人(匹)ジャックラッセルテリアの「はる」ちゃん。
なぜだか、我々まりっちゃとは道ばたで会うと吠え合う間柄。なのに今日は公園で会ったせいか、あるいは、飼い主Bの足のニオイに気を取られたせいか、そんなことも忘れて近寄っては何にやらコミュニケーション。妙な関係だ。

a0013245_22102683.gif今日の「はる」ちゃんの威嚇対象は公園に棲みついている野良ニャンコ。身体の大きさに似合わぬ大きな声で吠えまくる。
それを聞きつけた我々まりっちゃも何だか加勢したくなって一緒に吠えてみた。やはりワンコはワンコ同士。気持ちが1つになると気持ちよいね。
[PR]
by amariccha | 2004-10-31 22:13 | 犬トモ
240 雨上がりの公園で(3)
a0013245_21554751.jpg
コーギー犬「シータ」の虜3号はシーズー犬「ポロン」ちゃん。あまりにも「シータ」ちゃんを追いかけるので飼い主のお母さんに抱きかかえられた。そこをすかさずゲット。「ポロンちゃん、こっち向いて」と呼びかけるAのことなんか当然無視で、視線は「シータ」ちゃんに釘付けだ。そりゃそうだろね。

「ポロン」ちゃんはいっつもトリミングできれいにしている。「コータコート」の洋服は「ポロン」ちゃんみたいなワンコのお店なのかもね。彼なら充分着こなせそうだ。
[PR]
by amariccha | 2004-10-31 21:56 | 犬トモ
239 238 雨上がりの公園で(2)
a0013245_212391.jpg
コーギー犬「シータ」の虜1号はミニチュアダックスフンドの「アトム」。虜2号は「バロン」。いずれもカニーンヘンロングと推察され、「アトム」がブラウン、「バロン」がブラック&タンだ。
2匹とも久々のブログ登場だ。相変わらずとても元気。元気すぎてなかなか静止してくれず、かわいい顔がカメラに収まらない。その上飼い主Aのカメラの腕もまだまだ未熟だし…。やっと撮れたのがこちら。28枚とって成功(?)はたったの2枚。成功率は7%とかなり低い。次回またトライさせてね。
a0013245_21831.jpg

[PR]
by amariccha | 2004-10-31 21:12 | 犬トモ
238 雨上がりの公園で(1)
a0013245_20481521.jpg
いつもの公園で初めてのワンコ(コーギー)に出会った。その名は「シータ」。ギリシャ文字で8番目のあのΘ/θ(theta)でいいのかな?。性別♀、年齢2才半。とても美人(犬)で、通りかかった♂のミニチュアダックスフンドたち(アトムとバロン)やシーズー(ポロン)たちを虜にした。
a0013245_20541428.gif
この「シータ」、目が大きくてアイシャドウをしている感じで色っぽいと、他の飼い主さんたちにも大人気。そして飼い主のお父さんとの息もピッタリだ。ウンチサインをお父さんにしっかり教え、大型犬のようにウンチ袋へのダイレクトキャッチをしてもらっている。周囲のワンコも飼い主たちも「ほ~っ」と感心する一幕だった。
[PR]
by amariccha | 2004-10-31 20:59 | 犬トモ
237 ビーグル犬ミヤコの飼い主の友人のお店
a0013245_15593975.gif犬とお洒落~コータコート~についてご紹介。
ビーグル犬「ミヤコ」の飼い主も友人がすごく多い。で、この度彼女の友人が始めたワンコのお店「コータコート」について紹介を受けた。
もちろん我々まりっちゃは飼い主Aが洋服を買ってくれるものと期待している。どんなのがいいかなぁ。ハウスもヨレヨレだしなぁ。とにかく何かしら買ってもらいたいなぁ。

a0013245_162851.gifAは「コータコート」のHPを見て「まりっちゃにはもったいないくらいお洒落だけど…ま、いいっか」という感じなのに対して、Bの反応はこうだ。「自前のいい毛皮を持っているというのに…」「雨の日の散歩は足が短いし腹までビショビショになるからレインコートは必要だけど、昔のヤツがあるじゃないか…(しぶしぶ)」てな感じなのだ。

果たして、我々まりっちゃは「コータコート」のすてきなレインコートを買ってもらえるだろうか。買ってもらえたらそれを着てお見せしますね!!
[PR]
by amariccha | 2004-10-30 16:09 | おやつブレイク
236 ガーフィールド vs 多聞
飼い主Aの友人の中にようやくガーフィールドの映画を見た人が出できた。これでガーフィールド話で盛り上がれるとAはウキウキだ。なぜなら共通の友人の飼い猫「多聞」と「ガーフィールド」との類似点について語れるから。
a0013245_1633247.jpg

a0013245_194620.jpgとにかくAは「すごく似ている」と言って聞かない。
このガーフィールドのぬいぐるみは映画を上映していた日比谷スカラ座に行けば会える。なんと1.5m近くもある大きなものだ。Aの友人がかなり小さくなってガーフィールドに寄り添っているのがわかるかな?
a0013245_2373220.jpgま、ガーフィールドのぬいぐるみだと可愛らしさが前面に出てしまうが、映画のガーフィールドは「多聞」そのものだとAは感じている。

A曰く、「呼ばれて“何なのよ”といわんばかりに見上げる横柄そうなこの態度、憎めないけどすごい奴って感じだよね」だってさ。
a0013245_1142522.jpgでも、こうして大人しそうに座り込んでいるサマは、少し神妙な感じすらする。

もしかしたら、以前いじめてしまった「チャーリー」のことでも思い出して反省してたりするのかな…。
[PR]
by amariccha | 2004-10-27 01:29 | 猫トモ
235 多聞とグリコの従兄弟ニャンコ(みたいなもの)
多聞とグリコの飼い主には姉上がいる。その家の愛猫アメショの「チャーリー」の写真をめでたくゲットしたのでご披露する。噂に違わず、「チャーリー」は究極のお坊ちゃま猫に撮れている。首のかしげ方を見ても品があるね。
a0013245_132428.jpg
「チャーリー」は多聞が大の苦手。かつて、多聞がホームステイに来た時、「チャーリー」は自分の家であるにもかかわらず多聞にいじめられまくった。 逆に「チャーリー」が多聞とグリコの家に1週間ホームステイした時にも…。
多聞と出会うまでは平和に暮らしていたお坊ちゃま育ちの「チャーリー」君にとって、多聞との出会いは不幸の始まりだったと言える。

ところが、そんな「チャーリー」が多聞の同居ニャンコのグリコに一目ぼれした。多聞のいじめで心身共にズタズタになった後は、恋の病というわけだ。いずれにしてもボロボロみたいだ。恋の結末は聞いてないが、どうなったのだろう…気になるね。

また最近では、「チャーリー」の大好きだった姉上の娘さんがお嫁に行ってしまい、寂しさのあまり(?)その後の「チャーリー」はいじけ猫と化しているとのこと。呼んでも寄ってこないばかりでなく、たまに帰ってきた娘さんにさえも体をさわらせないほど。殆どスネ猫状態のようだ。
「チャーリー」に幸あれ!って感じだね。
[PR]
by amariccha | 2004-10-26 02:04 | 猫トモ
234 いつもの公園で出会ったお初のシーズー犬
a0013245_17472429.jpg
その名は「獅子丸くん」。性別は名前からしても♂だね。年齢は10才と私まりりんよりも年上だ。最近周囲のシーズーは若い子たちばかりだったので、久々の年上というだけで嬉しい気がする。
a0013245_1751356.jpg
「獅子丸くん」、実は1週間前に奥様ワンコ(シーズー)を亡くしたらしい。かなり傷心の身なんだそうだ。やはり長年つれそった妻ワンコがいなくなると寂しくなるよね。そう聞いてから「獅子丸くん」を見ると、しょんぼりしているように見えてしまう。
けど、斜に構えた横顔なんかは、ハリウッドスター並みの目線で結構魅力的だよね!

a0013245_20295849.gif※上のショットは、「カポネ」という名前のブルドックに似ている(→漫画:特に“目に星”状態のカポネに酷似)。よかったら「カポネ」の漫画もお読みくだされ~。ライフログに紹介しておきます。
◎出版社/著者からの内容紹介
かつてこれほど、深く、せつなく、いとおしく、でも思わず笑ってしまう動物漫画はありませんでした。すべての犬と人間を愛する人へ送る、超弩級の長編700ページです!!とのこと。
飼い主AとCは涙ながらに一日で読破しましたよん。
[PR]
by amariccha | 2004-10-24 17:55 | 犬トモ
233 ハロウィーンの扮装画像について
a0013245_141664.jpg日本でもハロウィーン色一杯のディスプレイを見かける昨今、外資系に勤務する飼い主Aの友人経由で(おそらくは海の向こうの)こんな画像を頂いた。

我々まりっちゃもにわか勉強をしてみたが、一言で言うと、ハロウィーンとは西洋版「お盆」のようなものみたいだ。
a0013245_153555.jpg「Halloween」はキリスト教の聖人を祝う万聖節(11月1日)の前夜祭と言う意味なんだって。ハロウィーンは「古代ケルト」と「古代ローマ」そして「キリスト教」の3つの文化が融合して生まれたもので、現代では宗教的意義は忘れられ、特にアメリカでポピュラーな民間行事として定着しているそうだ。
a0013245_143933.jpgカボチャをくり抜いて目鼻口をつけた提灯を飾ったり、夜には子供たちがお化けや怪物などに扮装したり…、この辺のことは有名な話だよね。
欧米人の間で親しまれているこのお祭り、なぜお化けや怪物に扮装するかというと意味があるようだ。何でも、死んだ魂たちがウチの中に入って来れないようにするためみたいだ。つまり、出来るだけ恐ろしい鬼のような姿に扮装して大騒ぎでパレードをすることで、憑りつく肉体を探している霊魂を怖がらせて近づいて来れないようにするってことが始まりのようだね。

そんなハロウィーンの国ならではだと思うが、それにしてもこのワンコたちのこの扮装姿…。皆さん、どう思われますか?複雑…?

More
[PR]
by amariccha | 2004-10-23 01:20 | おやつブレイク
232 仲がいいんだか悪いんだか(2)…
台風で飼い主Bが珍しく早く帰宅した。ぼやぼやしていたらBが夕食の後のデザート(紅玉と王林の食べ比べ)を終わろうとしているではないか!「あっヤバイ、もう芯に近い」 でも、辛うじて間に合う!と判断した我々はすかさずおねだり攻撃に…。
通常、お座りとお手をすると何かもらえることが多いため、急遽“お手やります作戦”に出る。
a0013245_2183887.jpg
ちゃっかりいい場所にスタンバったのは私まりりん。ちゃっぴーよりもいち早く飼い主Bのヒザの上を陣取った。
a0013245_2113863.jpg
一方、出遅れたちゃっぴー。「チェッ、やられたか~」 けど諦めないぞ!とばかりに畳の上できちんとお座りをして“超いい子ぶり”をアピール。

結局二匹ともお手作戦によってめでたく目的を達成。ともに芯周辺のりんごを少~しずつ頂戴した。お互いがりんごをゲットする所は敢えて見ない。だって自分のよりも大きいりんごだったら悔しいもんね。
[PR]
by amariccha | 2004-10-20 21:20 | あばうとUS