<< 156 美味しそうな名前の猫4... トピック1 携帯から動画がアップ! >>
155 半径1m以内で盲導犬に接して…
これは先日、飼い主Aが暑さと仕事に疲れてヘトヘト状態で横浜から私鉄に乗り込んだ時の話である。
いつも通り電車は混んでいたが、飼い主Aは急行で1駅なので入口横の手すりのところで、極力乗る人の邪魔にならないよう凹んだスペースの中で本を読んでいたそうだ。
そろそろ発車かな~という頃、白くて軟らかそうなものが飼い主Aの視界にス~ッと入ってきたというのだ。それが盲導犬のラブラドールレトリバー。飼い主Aが初めて至近距離で見る盲導犬だった。
混んだ満員電車の中でどうやって同伴者は自分とラブの場所を確保するのか…誰か席を譲れないのか…等と気を揉んでいたら、その方はしっかり手すりにつかまり、ハーネスを放してラブにきちんとお座りをさせていた。
一方、ラブは…というと、人間の膝下の位置にもかかわらず息苦しい顔もせず(我々まりっちゃみたいに口を開けてハァハァすることなく)、涼しげな顔をしていたそうだ。それを聞いたまりっちゃは「凄い!偉い!尊敬!」とひとしきり感激。
a0013245_2332041.jpg
そう!“ラブ”と言えば、以前に盲導犬のドキュメンタリー番組の話をした。その番組を録画してくれた友人の愛犬ラブラドールが、この度やっとこさ顔を見せてくれることになった。
その名は「はる」。名前に似合わず♂、4歳だ。食べることが一番の楽しみで、拾い食いやつまみ食いも大得意とのこと。目を放したら毛布も噛み切って食べちゃうらしい。その友人は「はる」をワルガキと呼んではいるが、実は本当の子供のように可愛がっている。可愛がられている証拠に、写真には大人しく照れ屋みたいな表情で充分いい子に写っているよ~ん。
[PR]
by amariccha | 2004-07-29 23:29 | 犬トモ
<< 156 美味しそうな名前の猫4... トピック1 携帯から動画がアップ! >>
トピック1 携帯から動画がアップ! >>