<< 075 雪国の「ごん」で、暑中... 073 盲導犬の旅立ち~引退ま... >>
074 君の名は…
a0013245_0518.jpg飼い主Aには高校入学の日以来の親友がいる。お寺の3人姉妹の長女として生まれた彼女は、今や副住職(夫)の妻と保育園の保母を見事にこなすド根性母さんだ。
とにかく長~いつき合いで、たまにしか連絡を取り合わなくてもすぐ話の本題に入れるそんな間柄だ。
彼女の家には逞しい子供3人を含む8人の家族と、多くの檀家さんたち、それに園児とその父兄…と、もの凄い数の人が毎日行き交っている。もちろんワンコまでも!
こちらのワンコたちは当時生まれて約3ヶ月。身重とわかって引き取った母犬が生んだ子供である。名前は…せっかく聞いたのに飼い主Aはすっかり忘れてしまったようだ。
まるまるとしてはち切れんばかりな子犬だった。同じく子供だったちゃっぴーが乳飲み子(子犬)の2匹に追いかけられてとまどっていたのが1年前。今はどのくらい大きくなったろうか(少なくとも私よりは大きいだろうな)。
今度飼い主Aにはその親友に改めて取材を申し込んでもらう予定。今日のところは予告編ということでひとまずご覧あれ(by まりりん)
[PR]
by amariccha | 2004-06-03 00:44 | あばうとUS
<< 075 雪国の「ごん」で、暑中... 073 盲導犬の旅立ち~引退ま... >>
<< 075 雪国の「ごん」で、暑中... 073 盲導犬の旅立ち~引退ま... >>