<< 298 どんちゃん、退院おめでとう! 296 カメラ目線ならぬ、チョ... >>
297 ウチの階段 ~まりっちゃの場合~
階段から動けない。←“Kimi's Eye”さんちのモモちゃんの場合。
a0013245_22303625.jpg
私まりりんも小さい頃はそうだった。一段が身の丈ほどもある家の階段は~降りるのは(ブルブル…)もちろん上るのさえできない~そんな存在だ。

だけと、そんな私も若かりし頃には、上に行きたいばかりに弾みをつけて下から3段目くらい一気に駆け上ったことがあったように思う。だけど、第2コーナーの段まで行くとたちまち怖くなり身体が固まってしまったように記憶している。こんなことがこれまで4~5回あったが、今ではそんなチャレンジすらしなくなっている。
専ら飼い主を呼びつけるのだ。滅多に吠えない私だから2~3回も吠えれば、誰かしら来てくれる。で、階段の下から上へあるいは上から下へと連れてってくれるのだ。それが今の私にとっての階段だ。
a0013245_2243444.gif
一方、ちゃっぴーの場合はどうかというと、私まりりんよりも足は短いのに胴が長い。しかも、脚力があるため、階段は“お茶の子サイサイ/朝飯前/超得意”なのだ。むかつく(-_-)。
飼い主が上り下り始めた後からついて行っては、途中の第3コーナーあたりで抜かすのだ。まるで一瞬芸のようで、上~下まで約5秒くらいのものだと思う。すんごいよね。
このことは、私にとってかなり面白くないことの1つだ。けど上っている最中のちゃっぴーの顔をみると、やはり怖いらしく顔が真剣で緊張のためにひきつっている。結構笑えるから、まあ許すかなぁ。
[PR]
by amariccha | 2004-12-28 23:02 | あばうとUS
<< 298 どんちゃん、退院おめでとう! 296 カメラ目線ならぬ、チョ... >>
<< 298 どんちゃん、退院おめでとう! 296 カメラ目線ならぬ、チョ... >>