<< 280 イタリア生まれのニャン... 278 冬は仲良し >>
279 お馴染み黒猫のワイン
a0013245_025312.jpg
酒を飲まないウチの飼い主Cが珍しくシャンパンが飲みたいと言い出した。1人でちびちびやっている飼い主Bにしてみれば、願ってもないリクエスト(だって堂々とお酒を飲めるからね)なので早速手配。
先日はキティちゃんのワインだったらしいが、今度は黒猫か~。我々には100%おこぼれはないけど、皆が陽気になるので何かいいことがあるかもしれない。そう思っただけで何となくウキウキする。
ところで、猫のワインがあるのに、なぜ犬のワインはないんだろうね…。

a0013245_030454.gifもともと、黒猫のワイン(シュワルツカッツ)は10年くらい前にウチの飼い主ABの間でちょっとしたブームになっていた。しかし甘口なので最近はご無沙汰気味だった。今回はCの好みに合わせて甘口にという選択だったようだ。結果は、おいしかったみたい。ボトルはあっと言う間に空になっていたもん。

因みに、正式名称は「ツェラー・シュワルツカッツ・ゼクト・ベーアー(750ml)」:ドイツ産。
昔から親しまれている黒猫がトレードマークの凄く飲み安い甘口のシャンパン。SEKT(ゼクト)はドイツのスパークリングワインの最高級品を意味しているんだって。
尚、ラベルの黒猫の由縁は、ドイツには「最良のワイン樽には黒猫が座る」と言うユニークな言い伝えがあってそこから来ている。シュワルツ・カッツ=黒猫だって。
[PR]
by amariccha | 2004-12-08 00:52 | ご紹介
<< 280 イタリア生まれのニャン... 278 冬は仲良し >>
278 冬は仲良し >>