<< Question! 前のページ... 270 こんなの見つけましたぁ! >>
271 ついでに読んだ本の紹介も…
既にライフログに紹介してあるんだけど、ウチの飼い主ABなりの感想を聞いてやってね。
(1)捨て犬のココロ「65万頭の犬猫の命を救う」
(2)捨て犬を救う街

a0013245_23535258.jpga0013245_2355611.jpg(1)は写真集という作りなんだけど、そこに出てくるワンコの多くは雑種でブランド犬(血統書付)ではない。色々な理由で持ち込まれ“処分”されていくまでの間のその施設でのワンコたちの日々を写真に撮ったモノ。
彼らの“飼い主と暮らしていたあの平和だった日々に戻りたいよぉ”とでもいうような純真なまなざしが迫ってくる所が涙を誘う。どんな理由であれ家族として迎入れたからには最後まで幸せにしてあげなきゃ!と怒りと涙とで帰りの電車の中で目を赤くしたABオススメの一冊とのこと。

(3)盲導犬クイールの一生
a0013245_2356472.jpg盲導犬の番組「いっしょにあるこう:盲導犬物語愛と感動の500日」や盲導犬を引退したユキゃんのサイト「18歳の盲導犬引退犬ユキと家族たちを訪ねて」を見て、Aが改めて読んで感動していた本。
働くことが大好きなワンコというだけでウチの飼い主たちは涙ぐむタチなんだけど、今度もまた涙していたみたいだよ。映画もよかったみたいだしね。

(4)幸せを運んだブルドッグ
(5)備えあれば…の老犬生活~十犬十色の知恵袋~
(6)7歳からの飼い方で犬の寿命は変わってくる
a0013245_002766.jpga0013245_23582678.jpg私まりりんが8才になって(来年1月には9才)そろそろ気力体力が衰えてきたかなぁ…と心配し始めた頃、ウチの飼い主たちが出会った本。
それまでは「もう年だから…」と私には無理をさせずに静かにしておいてくれ、私もそれをいいことに自ら老け込んでいったように思う。ところが、その本を読んでABが私に対する態度を変えてくれたのだ。お陰で気持ちが明るくなり若返った気がする。私はきっとその本に救われたんじゃないかな…長生きするぞ~。

(7)犬の選び方ガイドブック―あなたにぴったりの犬と出会うためのヒント
(8)新 世界の犬図鑑
(7)(8)は飼い主たちが初めて室内犬(私まりりん)を飼うにあたって下調べした本らしい。犬種ごとの性格とかその背景となっている歴史とかがわかって面白いと今でも何度となく眺めている本だ。お陰で装丁がとれてバラバラになったけど、また糊づけされているという手垢だらけの本だ。

(9)ダーリンは外国人[1]
(10)ダーリンは外国人[2]
飼い主Aの趣味。そう言えばAったら、この本を読んだ後で「ダンナ(パートナー)選びもワンコ選びもその個性を尊重することが大事みたい/ついでに相手の個性を楽しめればしめたもんだよね」等と、わかったようなことを言っていたっけ…。
[PR]
by amariccha | 2004-12-02 00:19 | ご紹介
<< Question! 前のページ... 270 こんなの見つけましたぁ! >>
<< Question! 前のページ... 270 こんなの見つけましたぁ! >>